AGA(男性型脱毛症)とは、何なのか?

このブログでもAGA(男性型脱毛症)という言葉を頻繁に使っていますが、最近になって説明自体を忘れていた事に気がつきました。

ちょっと、遅れた感はありますが、AGA(男性型脱毛症)について解説していきたいと思います。

AGAは、英語の「Androgenetic Alopecia」を略したもので、男性型のホルモン型脱毛症を意味します。

 

AGA(男性型脱毛症)の特徴について

 

AGA(男性型脱毛症)は、額の生え際や頭頂部にかけて髪の毛が細く短い毛に変わってしまう病気です。

正常な人の場合には、髪の毛は何年もかけて成長していきますが、AGAの場合には早い場合で

数か月で成長が止まり、抜けてしまいます。

 

よって、結果として頭が薄く見えてきてしまうのです。

 

AGA(男性型脱毛症)の割合は?

 

AGA(男性型脱毛症)にかかっている男性の割合は、20代から50代の男性に多く

一説には、三人に一人が薄毛に悩んでいると言われています。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の原因は?

 

AGA(男性型脱毛症)は、DHT(ジヒドロテストステロン)といいわれる

男性ホルモンの一種が脱毛作用を生んでいる。

 

このDHT(ジヒドロテストステロン)が増える原因については

遺伝や生活習慣など色々な要因が複合的に

関係しているので、一つに絞るのは難しいのですが

このDHT(ジヒドロテストステロン)を対策するのがAGAの対策といっても

過言ではない。

 

 

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ