薄毛のサインとは?

育毛に関しては、早く気がついて早期に対応する事に越した事はない。

でも、現実的には、頭は視線の上にあるわけなので気がにくいというのが実際の所である。

特に、頭頂部は鏡で自分の顔などを毎日見ていても、変化に気がつくのが難しい。

では、どうしたら良いのかというと、薄毛になるサインを見逃さない様にすればいいのである。

これから紹介するのは、そんな「薄毛のサイン」です。

薄毛のサインチェック項目

 

 

薄毛のサインは多い程、危険である

 

これから、具体的な薄毛の予兆をいくつか挙げていきますが、一つでも当てはまったらアウトというわけではありません。

ですが、多いければ多い程、ハゲる危険性がありますので、多い人は注意ですので早めに育毛に励んだ方が良いでしょう。

僕自身、薄毛に悩まされた過去がありますが思い起こすと多くに該当していました。

 

具体な薄毛の予兆とは?

 

■ フケが増えたと感じる。

 

フケが増えるは、頭皮環境が悪化している可能性があります。

薄毛が進行していなければ、シャンプーなどを見直すと改善される可能性があります。

 

 体毛・髭が濃くなった。体臭が気になる。(親しい人に指摘される)

 

毛が濃くなったり、下着の脇の部分が黄色くなるのはストレスなどの影響で

活性酸素が発生している可能性があります。また、DHTは体毛を濃くしたり

前立せん肥大などを起こしますので、これらの変化があれば同時に薄毛(AGA)が

進んでいる事も考えられます。

 

■ 抜け毛が増えた

 

 

人の髪の毛は一定の割合で毎日抜け落ちていますが、枕に抜け毛多かったり

洗髪の時に髪の毛が抜け落ちるといった、今までは気がつかなかった変化を

感じる様であれば、注意です

薄毛のサインを感じたら、行動する事が大切

 

以上が、重要な重要な薄毛のサインです。

冒頭でも書きましたが、薄毛は進行する前に行動する事がとても大切です。

 

ご自身の現在と比較されて如何だったでしょうか?

 

もし複数当てはまる様であれば、まずは腹を割って話せる人に

自分の頭部などを見てもらいましょう。

もし、危ないと感じたらいち早く育毛を開始するのが一番です。

コメントを残す


このページの先頭へ