育毛時に大切なドライヤーの使い方

僕の育毛を開始していた時に、凄く誤っている事をしていたのです。

食生活や育毛剤などで育毛ケアを一生懸命頑張っていたのですが、とても簡単な事が

なっていなかったのです。

ちょっとその事を今回はシェアしてみたいと思います。

それは、ドライヤーの使い方です。

 

 

ドライヤー

育毛の正しいドライヤーの使い方とは?

 

育毛している時には、髪の毛が熱に弱いという事を知っていたのです。

だからついつい、ドライヤーで髪の毛を乾かす時に、熱を髪の毛にあてると

傷む事を懸念するあまり、自然乾燥になりがちだった事があったのです。

 

確かに、高温で長時間に渡ってドライヤーをあてれば

の毛を傷める原因にはなりますが、それよりも髪の毛って

濡れたままで放置するのは、それ以上に良くないのです。

 

ドライヤーは使うべきか使わないべきか?

 

髪の毛にはキューティクルというものがありますが

水分を吸い過ぎて髪の毛が膨れ上がってしまいます。

 

そうすると、髪の毛がパサパサになってしまう恐れがあります。

また、湿ったままの頭皮は雑菌が増えて頭皮環境としてもよくありません。

 

じゃあ、どうすれば良いのかというとドライヤーの冷風機能を使います。

これなら、熱で髪を傷める心配もありませんし、乾燥もできます。

 

育毛している時は、偏った情報に惑わされない事

 

育毛している時には、色々な情報が入ってきますが

一つの情報に偏ってしまって、もっとサイアクな事をしている

事ってあるのですね。

 

色々ちゃんと調べて育毛をしなければいけないなぁーと深く反省をする

経験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ