育毛剤の副作用を心配する必要があるのか?

育毛剤の副作用を心配する方って結構いるんですよね。

確かに、抜け毛をストップさせてたり髪の毛が増える事を期待して

人は育毛剤を購入するわけですが、副作用が原因で真逆の事が起こったら

全くをもって本末転倒です。

 

育毛剤

 

一般的に育毛剤には副作用はあるのか?ないのか?

 

ですので、心配する気持ちはよくわかります。

ただ、僕は育毛剤に副作用は原則的に心配しなくていいと思います。

 

基本的に、育毛剤は

 

●  医薬部外品
 
● 化粧品

 

のどちらかである事が大半です。

これの育毛剤は、薬ではないので副作用と呼ばれる程の

リスクは基本的にはありません。

 

乱暴な言い方をしてしまえば、

 

薬=効果が強い反面、副作用もある。

 

のが一般的です。

 

例えば、薬では病気に対して効果がある

一方で、副作用があるケースは多いです。

 

例えば、風邪薬などでも、服用すると眠くなったりしますし

もっと強い薬で服用を誤ると死に至るケースだってあります。

 

ただ、「医薬外部品」や「化粧品」である

多くの育毛剤は、副作用をそこまで

心配する必要はないと僕は思います。

 

ただ、例外的に薬局などで

大々的に宣伝されている「リアップ」は

ミノキシジルという育毛成分が入っていて第1類医薬品に分類されます。

 

このリアップは、使用した人の何割かは皮膚が被れたりという

症状がある様です。

 

育毛剤に副作用以外で注意する点は?

 

じゃあ、リアップ以外の全ての育毛剤が

副作用をきにしなくて良いのか?というとそうでもありません。

 

どんな育毛剤でも人によっては合わないものもあり

頭皮が荒れる事もあります。

この場合は使用は絶対続けてはいけません。

 

また、副作用以外の部分ですが

特定の育毛剤には、添加物が入っていて

それが頭皮はマイナスに作用すると指摘する専門家もいます。

 

ですので、副作用だけではなくて

なるべく無添加である育毛剤を選ぶのがいいと思います。

 

効果がないだけなら、マイナスになる事はありませんが

使用前より悪化する様では、本当に育毛剤を使う意味がありません。。。。

 

参考まで

 

僕がおすすめする副作用の少ない育毛剤

⇒ チャップアップ育毛剤

コメントを残す


このページの先頭へ