育毛剤は本当に効果があるのか?

今回は、育毛剤は本当に効果があるのか?というテーマについて書いていきたい。

僕自身も、自分で多くの育毛剤を渡り歩いて、多くの文献やデータをみてきていると

ある程度、育毛剤についてのメリットとデメリットが見えてくる。

この章では、そのあたりをシェアするつもりで書いていきたい。

育毛剤の説明

 

まず、育毛剤を使用するメリットとデメリットは?

 

まず、育毛剤を使用するメリットは、きちんとしたモノを選べば副作用が少ないという事だ。

育毛剤は、殆どが化粧品か医療部外品の分類になるので、強烈な副作用の心配はない。

これが、育毛剤を選ぶメリットであると僕は思う。

 

それから、体質に合う育毛剤を選べばある程度の育毛効果を期待できる事もある。

 

育毛剤のデメリットとは?

 

一方で、多くの育毛剤は、外れが実に多い。

僕の経験上だと本当に良い育毛剤は、一割程度ではないだろうか?

 

それから、成分はしっかりしていても頭皮の浸透しないという欠点がある。

育毛剤の大半は、浸透する前に、流れ落ちてしまうという指摘もある。

 

それでも、育毛サロンや育毛クリニックでの施寮費を考えたら

コスト面ではかなり安くつくというメリットもある。

効果の期待できる育毛剤?

 

多くの人が効果が期待できる外用育毛剤は、「ミノキシジル」配合のモノである。

有名な所では、大正製薬から発売されている「リアップ」などがある。

ミノキシジルの育毛剤

 

医学的に、発毛効果が広く認められているのは「ミノキシジル育毛剤」が

唯一となる。

 

それでも、この「ミノキシジル育毛剤」には一つの懸念材料がある。

それは、一割くらいの人が、湿疹や炎症など頭皮に合わない症状がでてしまうと言われているのだ。

 

僕自身もこの一人で、ある、「ミノキシジル育毛剤」を使ったら頭皮が赤く炎症を起こしてしまった

人間である。

 

なので、もし、「ミノキシジル育毛剤」をどうしても使用する場合は一度ではなくて

少しづつ使用する事をオススメする。

 

育毛剤は効果と副作用を天秤にかける

 

ここが育毛の難しさで、消費者は常にメリットとデメリットを考えて

物事を決断しなければいけないのである。

 

ちなみに、僕が使って良かった副作用の少ない育毛剤を最後に紹介しておく。

僕の場合、体質的に合ったのか、効果がみられた。

興味があったら、試して欲しい。
チャップアップ
 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ