育毛に悪影響なシャンプーとは?

毎日、おこなう洗髪。たかが、シャンプーと思って軽んじていると「脱毛症」になる危険性もあります。

テレビなどでも、シャンプーのCMが放送されていて消費者としては安全なイメージを抱きますが

少しでも正しいシャンプー選びの知識を持っていないと大きくシャンプー選びを誤る事にもなります。

ここでは、育毛においてのシャンプー選びに間違った場合の症状とシャンプー選びのヒントについて

まとめました。

シャンプー

 

シャンプーが頭皮に悪影響を与えている場合の症状について

 

シャンプーをした後に以下の症状がでた場合には、シャンプー選びを間違っている可能性があります。

最悪の場合、抜け毛が増えて脱毛症が進行する可能性もありますので、ご自身の場合と

比較してみましょう。

 

洗髪後に以下の症状がでたら脱毛・育毛に悪影響

 

■ 頭皮に痒み、乾燥、湿疹、粉吹き、うっ血などの症状がでている。

■ シャンプーが体にかかると、痒みを感じる

■ シャンプーが薬っぽい匂いがする。 香料が強い。

■ 髪の毛がきしむ。

■ 髪の毛がべとっとする。

■ 髪が軽くなっている気がする。

 

シャンプー後に悪い症状が続く様であれば、別のモノを選択した方が良い

 

以上の症状がでた場合は、シャンプーが悪いかまたは、あなたの頭皮に合っていない可能性があります。

使用を続けていると、良い結果は生みませんのでシャンプー選びを考え直した方がよいケースが大半です。

特に、界面活性剤添加物防腐剤・酸化防止剤・保湿剤・乳化剤・香料・着色料)などに頭皮が影響を

受ける事もありますので、現状のシャンプーに上記のチェックポイントに該当数ものが多いのであれば

なるべく頭皮優しいものや無添加のモノを選んでみるのも方法の一つです。

 

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ