男性ホルモン「テストステロン」と薄毛の悪玉「DHT」の関係

ここでは、育毛にまつわる話として男性ホルモン「テストステロン」とDHTの関係について書いていきたいと思います。

これは、男性ホルモン「テストステロン」とDHTが関係して、薄毛に影響するという話です。

育毛に関して、多少は役に立つ話だと思いますので、読んで頭の片隅にも入れていてくれて頂いたら嬉しいです。

ちなみに、コレ何の話ってわからない方は、徐々に解説していきますので、暫しお待ちください。

 

 

薄毛の男性

 

 

男性ホルモン「テストステロン」とは?

 

まず、男性ホルモン「テストステロン」は、知っている人も多いのではないでしょうか。

保健体育の授業で習いましたね。

 

テストステロン」は、男性ホルモンの名前でこれは以下の作用があります。

 

■ 男性らしい体を作る(筋肉ムキムキの体を作り、太りにくくする。)

 

■ 性欲を増進させる

 

この様に「テストステロン」は、男が男らしくいる為に、必要なものなのです。

しかし、近年の研究でこの「テストステロン」が多く分泌されると

一部が、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンに変化していきます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、体毛を濃くする、皮脂の分泌の増加、前立線肥大症などの

あまり有難くない症状を起こします。

 

その極め付けが。AGA(男性型脱毛症)です。

 

もちろん、その他の要因も複雑に絡み合ってスイッチが入ってしまった時に

薄毛は進行していくので、男性ホルモンが多い=必ず禿げるというわけではなさそうですが

相関性はかなり高く、育毛の治療もこのDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えていくのが

治療の主な方法となります。

 

いきなり、体毛が濃くなったり、髭が濃くなった、体が脂ぽくなったら

他の生活習慣と相まってAGA(男性型脱毛症)になる可能性もありますので注意です。

 

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ