日常に潜む「ハゲ」を促進する原因ベスト5

日常には、抜け毛が多くしたり、髪の毛を薄くしたりする原因が潜んでいるのです。

ここでは、生活する上で、剥げる原因を知る事で、ハゲを予防する事を目的としています。

日常の意外な事が薄毛に作用している事もありますので、ぜひ正しく理解しましょう。

また、あなたの場合はいくつ当てはまるか一度、チェックする事も大切です。

 

ハゲ画像

 

あなたをハゲさせるかもしれない原因、ベスト5

 

その壱: 病気や薬の副作用によって剥げる場合

これは、残念ながら不可抗力ですが、時には

育毛を目的とした治療や薬が更なる脱毛を生み出す事もあります。

本末転倒となってしまうので、必ず副作用については調べましょう。

 

その弐: パーマやカラーリング

 

パーマやカラーリングは頭皮を確実に痛めます。

剥げたくなければ極力、しない方がいいです。

特に、自分で髪を染めるのは非常に危険です。

どうしても染めたい場合は、美容院で染めましょう。

 

その参 :遺伝による体質

ハゲが遺伝すると言う事は、専門家によると否定する人が多い様です。

ただし、脂性や汗かきなどの体質は遺伝します。

自分の体質を知る事で、予防になります。

 

その四:ストレス

 

ストレスは脱毛に大きく影響します。

ストレス社会なので生活した働く以上は

ストレスは避けられませんがあまりに酷い場合は環境を変えたり

解消法を見つけて予防しましょう。

 

 

その五:生活習慣

 

これは、一番、気を付けなけれいけない事です。

規則正しく、十分な睡眠をとる。

それからバランスの良い食事。

言葉では簡単ですが、なかなか全て

を完璧にするのは難しいです。

 

でも、将来の髪の事を考えるのであれば

一度、生活の見直しをしましょう。

 

 

※関連記事

副作用が極力ない育毛剤なら
チャップアップがオススメです。
それから、キャピキシルを配合した
Deeper3D(ディーパー3D)も良い育毛剤だと思います。

コメントを残す


このページの先頭へ