意外と間違ったシャンプー法で薄毛になっている人は多い?

最近、育毛に関して色々調べると間違ったシャンプーのやり方で「薄毛」になる人は多いのだとか。

でも、自分の事を思い返してみると、自分自身でもやっていた!というものもあって薄毛になって

しまった理由がわかった気がした。

 

シャンプー男

 

 

シャンプーをする時にやってしまいがちな育毛とは逆効果な事

 

 

まず、多いのがシャンプー時間が長い事だ。これは、頭皮の脂汚れが脱毛に原因になっていると

思いこんでいる事から、過剰なシャンプー方法に走ってしまう。

 

もちろん、皮脂汚れは取り除いた方がいいのだが、過剰にしてしまうと返って逆こうなのだ。

 

 

育毛にNGなシャンプー方法の事例

 

例えば、

 

■ 頭皮を五分も十分も長い時間、ゴシゴシと洗う事。

 

■ 二回のシャンプーをする事。

 

■ 朝と夜、一日、二回もシャンプーをする事。

 

■ 頭皮を爪を立てて洗っている事。

 

■ 刺激を与える為にブラシで叩く事。

 

シャンプーは無駄な事をやらない事

 

などなど、考えてみれば育毛に逆効果な事に、労力を使っている事が多い。

シャンプーする時には、頭皮を痛めないでなるべく短い時間ですませるのが

実は育毛に一番良いのだ。

 

間違った洗髪は抜け毛を促進する

 

実は、間違った洗髪は逆に抜け毛を促進する。

上記で例として挙げた方法で長期間、シャンプーをすると頭皮全体に湿疹ができる状態になる。

これは、頭皮が荒れている状態で当然、抜け毛も増えてくる。

シャンプーの使用時間が長すぎると、頭皮の状態は悪化する

 

土壌が荒れていては、作物も生まれてこない。

これと同じである。

 

シャンプーには、脂汚れを落とす為に、洗浄力が強い成分があり

これは、頭皮の脂分を落とす一方で、長時間、頭皮と触れる事で

皮膚が荒れる事にもなる。

 

油汚れを落とすために洗剤で皿洗いをすると、手が荒れるのと同じである。

また、それに加えて「こすり洗い」をしてしまうと余計に頭皮があれて

育毛にはメリットが少ない。

 

もし、貴方がこんな洗髪をしていたら直ぐに止めるべきである。

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ