ヘアカラーと薄毛の関係

男性でもヘアカラーで染髪される方もいると思います。僕も若い頃は髪の毛を染めていた時期もありました。

だけど、実は薄毛になりたくないのであれば実はヘアカラーは止めておいた方が良いと思います。

 

 

茶髪

 

 

ヘアカラーの仕組み

 

ヘアカラーの染料として使われるのは

酸化染料・酸性染料オキシドールが使われます。

 

これらの成分は、髪の毛を傷めるどころか、頭皮にも悪影響です。

脱毛を早める危険性も指摘されています。

 

実は、これらの染料で頭皮が破壊されて化学物質が体内に侵入した結果

皮膚の正常の働きが阻害され異常脱毛を招くリスクがあります。

 

これは、白髪染めでも同じです。

ヘアマニュキュアの仕組み

 

それでは、ヘアマニュキュアなら大丈夫なのかといえば

そうでもありません。

 

ヘアマニュキュアは、毛にあるメラニン色素を脱色して、そこへ色をつけていきます。

その染料中には、タール系色素など頭皮に良くない成分も含まれているために

決して、健全な育毛の為に好ましい事ではないのです。

 

髪を染めるのは、育毛にとってリスクがある事を承知した上でおこなおう

 

 

もちろん、ヘアカラーやヘアマニュキュアは、やり方よってはお洒落になりますので

全てを否定するつもりはありませんが、必ず脱毛のリスクは多かれ少なかれ

ある事は覚えておいた方が良いでしょう。

 

それから、将来ハゲたくないのであれば、極力染髪は避けておいた方が

無難だと言えそうです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ