プロペシアとミノキシジルについて

育毛に欠かせないのがプロペシアミノキシジルというAGA(男性型脱毛症)に効果があるとされる医薬品ですが

その効果や副作用に関しては賛否両論あります。

 

今回は、この有名なプロペシアとミノキシジルについて紹介していきます。

 

プロペシアについて

 

概要:

 

 

正式な物質名はフィナステリドと言います。

これを薬としての商品名として”プロペシア”として販売されています。

男性ホルモンで育毛を阻害するDHTを抑えるものとしてクリニックで

AGA治療として使われています。

 

 

薬事法上:

 

医薬品になり医師の処方箋が必要です。

 

副作用:

 

性機能の低下(性欲など)が指摘されていますが

及ぼす可能性がある程度という意見が主流ですが

多くの異論もあります。

 

また、日本で認可されていないものを並行輸入で購入する際に

健康被害が報告されている様です。

 

薬自体の安全性の確認とプロペシアへの理解がないとかなりリスキーです。

 

 

ミノキシジルについて

 

概要:

 

育毛に有効とされて育毛剤リアップ(大正製薬)に使用されている成分です。

 

 

 

薬事法上:

 

第一類医薬品であるので医師の処方箋は必要はない。

 

 

副作用:

 

色々な副作用の可能性が指摘されいるが、議論も多い。

使用上おかしいと思ったら 薬剤師・医師に相談する必要がある。

 

 

まとめ、プロペシアとミノキシジルに関しては育毛やAGA治療に関して有効であるが

全ての人に効果がある保証もなく副作用のリスクも指摘されている。

 

 

安全な方法は、医師に相談の上使用すると言う事だろう。

また、初期段階であればこれらの成分が不使用の育毛剤を使用するという手もある。

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ