プロペシアの効果とは?副作用はヤバいのか?

プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)に効果があると言われている内服薬です。

男性型脱毛症(AGA)専門クリニックでも使用されている薬です。

このプロペシア(プロペシアは商品名成分名:フェナステリド )は、1998年にアメリカで男性型脱毛症(AGA)の治療薬という事で

開発されました。

(日本で厚生労働相により認可されたのは、2005年)

 

プロペシアの効果と作用とは?

 

プロペシアはでは、どの様に薄毛に作用するのでしょう?

プロペシアは、善玉男性ホルモンである「テストステロン」悪玉男性ホルモンである

DHT(ジヒドロテストステロン)に変わってしまう5αー還元酵素の働きを抑制する為に

結果として薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻止するので

薄毛の進行を妨げるのです。

 

プロペシアの育毛効果とは?

 

プロペシアは、基本的にAGAの進行を遅らせるもので、発毛効果はないとされているが

臨床試験では、ある程度の育毛に関しての効果も期待できると説がある。

 

プロペシアの副作用と注意点とは?

 

プロペシアには、副作用があるという説があります。

具体的に言うと、性欲を低めて、胃部不快感なども感じる人もいるという報告もあります。

ですので、インポテンツになってしまうのでは?心配する人もいますが

しかし、専門家の見解では、逆に性欲が増殖するというものもあります。

 

もちろん、認可されている薬ですので療法を守って使用すれば

い副作用は問題ないというのが定説でしょうか。

 

但し、使用を中止すると急に抜け毛が増えるので服用しつけないという

のはあるみたいです。

 

プロペシアの服用方法とは?

 

プロペシアは、0.2 mg あるいは 1 mg 1日1錠を服用して一日の摂取量は、上限は 1 mg とされています。

それから、妊娠した女性の服用は禁止されています。

これは、胎児に悪影響を及ぼすので注意です。

 

 

知識としてプロペシアいうのは、製品名であって、成分名は、フェナステリドです。

このフェナステリドを配合した内服薬は、ネットの通販でも手に入ります。

コチラでは、フェナステリドの成分が配合された製品を扱っています。

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ