駄目?シャンプー しない育毛はどうなの?

シャンプー しない育毛というものがあるらしいですね。

実は、僕も一度は考えた事がありますが

実際には「ヤメタ」方がいいなぁ~と思いました(^^;

 

理由は後で書きますが、シャンプー しない育毛というのは

シャンプー=悪という考えに基づくと思います。

 

これ自体は半分正解でもあり半分間違っているとも理解できます。

 

 

シャンプー しない育毛はおすすめできるのか?

 

先程、シャンプー しない育毛が良いという根拠について

冒頭でシャンプー=悪という考えがある事にふれました。

 

そもそも何が悪いのかというと

シャンプーに使われている成分にあると思います。

 

もっと具体的に言えば、シャンプー界面活性剤です。

 

界面活性剤とは、油と水を馴染ませるもので

頭皮の脂を洗い流す為に入っているシャンプーの主たる成分です。

 

ただ、この界面活性剤ですが

あまり強力なものを使うと頭皮の脂を落とし過ぎる可能性があります。

実は、頭皮の皮脂は、バリアとして機能しているので

落とし過ぎると少なからず頭皮に悪影響が出る可能性があります。

これが、シャンプー しない育毛を推奨する第一の理由だと思われます。

 

それから第二の理由は、シャンプーに含まれている添加物です。

 

これからを総合してシャンプーを使う方がデメリットがある

と判断するとシャンプー しない育毛法が良いという事になります。

 

シャンプー しない育毛のデメリット?

 

ととここまで、シャンプー しない育毛がなぜ良いとされるかについて

書いてきましたが、今度は反対にデメリットについて書いていきます。

 

先程、シャンプー には界面活性剤というものが入っていて

頭皮の脂を洗い流し過ぎる事があるという事について書きましたが

但し、反対に全く洗わないのも実は育毛という観点からはよくありません。

 

なぜ、なら頭皮の脂が過剰に分泌される人などは

毛穴に詰まったりする可能性があり脱毛の原因になりうるからです。

 

また、脂は酸化すると悪臭になったり

フケの原因になったりと清潔という点から見てもよくないわけです。

シャンプー しない育毛のまとめ

 

とどのつまり、頭皮の皮脂は洗い流し過ぎても駄目ですし

洗い流さなくても駄目という事です。

 

また、結局は水だけでは油は流れないので

やはりシャンプーはしないよりした方がいいと思うのが

僕の経験からも言える事です。

 

周りからハゲでしかも不潔ってサイアクですからね、、、、泣

 

それからシャンプーでも僕の使っているシャンプーなんかは

界面活性剤を使わないで極力無添加なものもありますので

そういうシャンプーを使った方が総合的に考えて

育毛にも清潔感的にもオススメできます^^

 

↓ ↓ ↓

 

ラボモ(アートネイチャー)シャンプー

 

 

このページの先頭へ