アルコールと薄毛の関係

最近、暑い日が続きますね。 ビールの美味しい季節になってきました。ついつい飲み過ぎて

しまいそうですが、実は、アルコールと薄毛は深い関係にあるの知っていましたか?

タバコは、育毛に悪影響を与える事は知られていますか、アルコールも飲み過ぎは良くありません。

ビール

 

アルコールはなぜ、髪の毛に悪影響をあたえるのか?

 

もちろん、適度な飲酒は、血行を良くしますので「ストレス解消」や「血行促進」という意味で

髪の毛に良い影響をあたえると思われます。

 

これは、適度なアルコールが「健康の秘訣」と言われているのと同じです。

しかしながら、飲み過ぎは非常に良くありません。

 

例えば、飲み過ぎで二日酔いになる事ってありますよね。

これは、 アルコールを分解する過程で「アセトアルデヒド」という成分が

体内で生成される事が原因です。

 

アルコールがDHTを引き起こす?

 

この「アセトアルデヒド」という成分は、二日酔いを引き起こすばかりか

男性ホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンに変えてしまいます。

DHT(ジヒドロテストステロン)といえば、AGAの原因となるモノで

薄毛の元凶ですね。

 

DHTとAGAについて

アルコールは適度がよい

 

 以外知られていないのですが、アルコールと薄毛が関係あるって聞くと

都市伝説じゃない?って思いますが、ちゃんとした医学的根拠があるのです。

 

ビールが上手い季節ですが、育毛を心配するなら適度な飲酒が必要です。

 

「飲み過ぎ」はいけません。

 

コメントを残す


このページの先頭へ