プロペシアは万能でない?

プロペシアまたは、成分としてフェナステリドを有効成分とした薬が世の中に出てからAGAで悩んでいる

男性で救われた男性は多いはずです。

 

なぜなら、それまでAGAにこれ程まではっきりとした効果を持った薬品など世界中にどこにも存在しなかったからです。

 

 

プロペシアを使用した殆どの人は脱毛が止まる?

 

実際にこのプロペシアで脱毛が止まった人は、八割くらいの確立であるとどこかの本で読んだ事があります。

(毎日、一年以上服用した場合)

 

以前の記事でも書いたのだけど、プロペシア(正確にいうと含まれるフェナステリド)が

脱毛を促すDHTという成分を作り出してしまう5αー還元酵素Ⅱという成分が働かない様に

作用するから、脱毛はストップするわけです。
プロペシアの説明

 

つまり、プロペシアないしは、フェナステリドを飲めば発毛しないまでも殆どの人が

AGAの進行は食い止められる事になるのです。

 

これは、育毛クリニックのい医師の方が書いた本や製薬会社が公表しているデータなどでも

そういう風に書いているから信憑性はあるのだと思います。。

 

僕自身もプロペシアを服用していた時期があるが、確かに半年あたりから

徐々に回復してきた経験があります。

 

実は、発毛だとプロペシア(フェナステリド)の効果を実感していない人もいるし

 

但し、プロペシア(フェナステリド)を使用した医薬品で発毛している人もいる

一方で発毛にも効果がなかったという人もいます。

 

発毛に関しては、至らない人も多い様です。原因について調べてみると面白い説がありました。

 

植物を育てた経験のある方もいるかと思います。

食物は、育成するのには適切な土壌に植物を植えて、水、日光があれば育ちます。

 

育毛で言えば、プロペシア(フェナステリド)は土壌です。

でも、それでは不十分で水や日光が必要です。

 

だから、髪の毛が生えないんだと例えて力説されている方も

世の中にはいます。

 

なる程なぁーと思いました。

 

つまり、プロペシア(フェナステリド)を服用する事で育つ土壌は出来ますが

同時に育毛する為の栄養素となるものが必要なのです。

 

 

コメントを残す


このページの先頭へ