ビーグレンを一か月間使用してみたらどうなる?

ビーグレンは、ニキビに悩んでいる人へであれば一度は使用して欲しい入門的な化粧品です。

僕の様なニキビに悩んだ男でも使えるし、青春ニキビや大人ニキビなど年代や性別に合わせて

カスタマイズしてセット購入できるので両方のニキビタイプの人でも使用できます。

 

ここでは、ビーグレンに関する使用感想と更にこのニキビケア用品を上手に活用する方法を紹介します。

品質の割には値段も手頃なので、自分の肌に合わせて活用しましょう。

 

ビーグレンは、ニキビを取り敢えず、ホームケアで治してみたいって方の入門的なケア用品です。

向いてそうであれば、使ってみてニキビ克服に挑戦しましょう。

ビーグレインを紹介する前にニキビの基礎知識

 

 

ニキビといっても原因や種類は様々です。

 

ですが、大きく分けると世代や出来る箇所によって

十代にできる”ティーンニキビまたは、青春ニキビ ” と ”アダルトニキビまたは、大人ニキビ”に分けられのです。

 

ですのでその原因が違いますのでケアは多少違ってきます。

 

大人ニキビと青春ニキビの違い

 

ニキビは、毛穴が詰まる事で起こります。

多くの人が誤解していますがニキビは皮脂の過剰分泌だけで起こるわけではありません。

思春期ニキビは皮脂分泌の過剰でなりますが、大人ニキビは、主にお肌の乾燥に起因します。

 

ですので、この辺は混同していると

 

 

  • 乾燥性のニキビなのに過剰に洗顔で余計に肌が悪化する。
  • 青春ニキビなのに、油分の多い美容液ケアしたばかりにニキビが多発

 

 

という事態になり兼ねません。

ですので、ニキビが発生した上でビーグレンを屈指して正しいニキビケアをしましょう。

 

 

ニキビケアの違い

 

 

 

ビーグレンのそれぞれの商品と用途とは

 

 

ビーグレインの商品一覧

 青春ニキビや大人ニキビでも使えるビーグレインのクレイオッシュ

 

どんなニキビでも 必要なのは、しっかりと汚れを落とす事。

ビーグレインのクレイオッシュは毛穴や角栓の汚れを吸着してくれます。

それでいて、余計な成分が入ってなくて水分は残してくれるので

ニキビケアの洗顔には最適です。

 

グリチルリチン酸ジカリウム配合 (炎症を沈める成分)を配合しています。

 

 

ローション、Cセラム、クリームでお肌を改善する。

 

ビーグレンのクレイローションは、ニキビのアクネ菌で炎症を起こしたお肌を沈める

[医薬部外品] としての成分の有用成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しています。

ニキビケアの基本は炎症を沈めて、保湿する事が基本です。

そういった意味では洗顔の後に使うのに適しています。

(ニキビの炎症に悩んでいる場合に使用する事をおススメします。)

 

それから、Cセラムの主な成分は、ピュアビタミンC(アスコルビン酸)です。

ビタミンCは皮脂の分泌を抑えますので予防に役立ちます。

レチノールより刺激が少ないビタミンCを配合しているCセラムは

ニキビ肌によいです。

 

 

最後に、  大人ニキビの方にはモイスチャーゲルクリームで保湿が必要です。

お肌を柔らかくして改善しないとまたニキビを繰り返します。

 

 

もう一度、いいますがニキビケアは

汚れを落とす。⇒ 炎症を沈める。⇒ 保湿する。

 

です。

 

ビーグレンでは大人ニキビや青春ニキビによってセットを販売していますが

全てを購入する必要はありません。

 

例えば、保湿に関し今使用しているものに満足していればそれで十分です。

貴方のニキビによって必要なものを使いましょう。

 

 

ビーグレン口コミでも人気のニキビケア用品

 

ビーグレイン は口コミでも優秀です。

私もニキビに悩んだ時に初めて使ってのがこのビーグレインです。

ニキビ痕であればリプロスキンもおススメですが、普通にニキビであれば

このビーグレンシリーズで十分でしょう。

 

僕の場合、ニキビであれば一か月くらいで治ってきました。

ニキビに悩んでいるのであれば、使ってみるといいと思います。

 

 

矢印四連

 

ビーグレインの商品一覧はこちらの公式サイトから

コメントを残す


このページの先頭へ